上州漁業組合管轄「I野萱川」釣行記 (2019年9月上旬)

みなさんこんばんは。

 

今回は南牧村のN川方面に釣行もとい探索に行ってきました。結果から言うと、0匹の坊主です。というのも、今回の釣行は台風15号の通り過ぎた次の日です。そのため、水位が増して厳しい状況でした。

ということで、探索の内容を書いていきたいと思います。

 

目次

釣行

まず午前3時に起床、5時過ぎには出発しました。

下仁田のセブンイレブンに6時20分到着。上州漁協の釣り券は、コピー機から購入できると書いてあったので、その番号を入力しましたが、検索結果に出てきません。

ということで、今回は受付で上州漁業組合の釣り券を購入しました(2000円)。購入時に、上州でいいですかと聞かれましたが、他にどの漁業組合の釣り券を扱っているか気になりました。

 

ちなみに2019年版上州漁業組合の釣り券は、黄色です。そして意外に小型ですね。

 

購入後、15分ほど車を走らせ最初のポイントに到着。

・・・。水位が増し増しで、これは釣りにならない・・・

来る途中、鏑川の水位が高かったので、「鏑川は水位が高い川なんだなー」と気楽に思っていたら、台風15号の影響で、水位がかなり増しています・・・住んでいるところはほとんど雨が降らなかったけど、こっちは大雨だったのね・・・

 

ということで、遡行にも問題があるため、上流に行くことに。

ただ、上流に行ってもかなり水位が高いため、N川での釣行は諦めました。

 

途中、蝉の渓谷という渓谷がありましたが、こんなところ釣りに来たら死んでしまうというぐらいの、水の勢いでした。平時はもう少し勢いは弱そうです。

 

今日は午前一杯まで、N川で釣行する予定だったけどどうしよう・・・ということで、とりあえず、近場の鏑川方面を目指すことに。

上州漁業組合のホームページを見ると、鏑川の欄に、矢川もしくは相沢川が良いという情報が。

それじゃあ、相沢川を目指そうということでGoogleマップでなんとなく位置を把握し、そっち方向に向かいました。

 

すると、荒船湖と書かれた湖に8時ごろ到着しました。

「これ違う川じゃないか???」と思いつつ、上州漁業組合の立札があるので、オッケーですね!とういことで、駐車場に停め、準備します。

ただ、クマ出没注意の看板もありました・・・またクマが僕を恐怖に陥れるのね・・・と思いつつ、とりあえず駐車場下に降ります。

 

湖もちらっと見たかったのですが、草が生えすぎててとても行けません。

ということで、なんとか草を押し進み、堰堤上の河原に降りました。

 

水位が若干高く、濁りもあるけど、まあ雰囲気もいい感じです。

堰堤上の溜まり場を攻めますが、無反応。

 

上の画像にちらっと見えている堰堤まで進むも無反応です・・・

ということで、撤退。魚の反応が無いので、これは魚が生存できない環境なのかなと思い、石の裏を確認。川虫は大量にいるみたいなので、問題なさそうです。むしろ1つ目から2匹いたので、十分量です。

 

昔、神流川で、全く魚が釣れない時がありました(10~15年前かな???)。

そのときは、川虫も全くいない状況だったので、そのような現象かと思ったら、そう言うわけでは無いとわかり一安心です。

ちなみに、釣っていた川名は道平川だと思われます(Googleマップでは何故か市野萱川となっています)。

 

とりあえず、どこに行けばいいかわからないのでウェーダーも脱ぎ、とりあえず、軽井沢方面へと走らせます。

道中、集落で村民の大草刈りが行われていて、車で通る時すごい申し訳なかったです。というのも、おばさんが道に2人で座っていたりして、他の人が通らないような道を自分が通ってしまったので、あれはすごい状況でした。

村落の人たちがすごいナンバープレートを覗き込みます。残念ながら群馬県民なんだ・・・

 

鏑川の上流ですが、相変わらず水位が高いです。

 

これは釣りにならないなと思い、電波が良かったのでもう一度相沢川を調べると、荒船湖の隣との情報がありました。

 

ということで、無駄に来た道を戻り、相沢川を偵察です。

みた感じ、降りる場所もあまりなく、道も通りにくそうだったので、断念。

 

また来年来よう、ということで、近場の川を偵察することに。

地図でみた感じ、254の旧道に川がありそうです。

 

ということで、その川を偵察します。

旧道に入り始めは、川との距離が遠いので、これは無理そうか・・・と思っていたら、中ほどでキャンプを昔してそうな、草ボーボーの河原が見えました。

 

せっかくの2000円の券を無駄にしないためにも、ここは釣りに臨みます。

ただ、釣りを開始すると中途半端な瀬が多くて、魚が見えません。

 

釣れないので、今日のトンボをパシャり!

 

奥の方まで行くと、釣れそうな雰囲気はありますが、魚の反応は全くありません。

堰堤まで、ノー魚影でフィニッシュです。

堰堤

 

とにかく暑く、最高気温35度はしんどかったです。

ここで12時になり、上流に行くと、上州漁業組合の看板が。

一野萱川

 

ここは放流しているのかと思いましたが、もう釣りに臨む気力もなく、終了です。

もしかしたら、釣れる可能性もあったかもしれませんが、川を探しながらの運転で消耗しました。

 

今日は200キロ近く運転して、あわや長野にも行くところでしたね。

帰りにWild-1に寄って帰路につきました。

 

wild-1の店内放送で、テンカラが若い人に人気との宣伝が。

5年前にやり始めたけど、全くやって無いなと思ったら、テンカラをやりたい気持ちがむくむくと湧いてきました。

 

ということで、次回はテンカラに臨みたいと思います(ほぼテンカラ経験なし)。

テンカラ用の毛針も購入して準備は万全です。

 

 

一野萱川
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!