マインドマップ超入門 トニー・ブザン天才養成講座①を読んだ感想

みなさんこんばんは。

 

今回はマインドマップ超入門 トニー・ブザン天才養成講座①を読んだ感想です。

マインドマップを効率的に使うために読むこととしました。

 

以下、書籍より引用した文章については下記のボックスで囲みます。

 

 

著者は?

著者はトニー・ブザン氏です。

マインドマップの発明者で、脳と学習の世界的権威です。ウォルト・ディズニーなどの多国籍企業でアドバイザーを務め、定期的に講演を行なっています。

監訳は、近田美季子氏です。

2007年にブザン公認インストラクター(BLI)の認定を受け、各種マインドマップ講座を担当されています。

 

印象に残った内容は

マインドマップの紹介から始まり、マインドマップの使い方、実例などについて紹介しています。

 

放射思考

これまで見てきたとおり、脳は始めから終わりへと直線的に考えるのでは無く、イメージ(絵)やキーワードを「引き金」にして、いっせいに他方向へ考えを広げていく。こうした脳の働きを「放射思考」と呼んでいる。

脳の高いイメージ力は、マインドマップと相性がよく、連想的に情報を想起できるようです。

 

子供はマインドマッパー

これまでのノートの取り方は思考を制限するものだ。一方、空想したり絵を書いたりすることは放射思考、つまり脳の働きを活性化させる。

旧来型のノートの取り方ではなく、マインドマップの方が脳の働きを活性化させると、著者は考えています。

マインドマップ型にすることで想像力は高まりそうですが、一方で、旧来型の方が勉強効率は高いように感じます。

 

感想

マインドマップについて、100ページ弱で簡潔に書かれています。

 

基本的には、マインドマップの使い方としては、誰でも使うことはできると思います。

その中で、注意点や、デザインの方法について書かれています。

 

より、精度の高い、上のランクのマインドマップを作りたい場合は、本書籍を読むと良いかもしれません。

 

マインドマップ超入門 トニー・ブザン天才養成講座①
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!