人気ゲーム実況者を分析してみた結果

みなさんこんばんは。

 

今回はゲーム実況をしているYoutuberを分析してみようと思いました。

というのも、私もゲーム実況をしているので、人気のあるなしについて気になっているからです。

 

それでは、ゲーム実況者について考えていきたいと思います。

ゲーム実況者の考察

人気ゲーム実況者

まずは人気のゲーム実況が誰なのかを、チャンネル登録者から分析しました。

現在は便利なサイトが多数あり、最初に出てきたMahalinkというサイトを使用しました。

 

2020年1月6日現在の結果がこちらです。敬称は省略させてもらいます。

名前 チャンネル登録者数(人) チャンネル開設日
HikakinGames 443万 2013/8/17
兄者弟者 270万 2010/5/4
ポッキー 269万 2013/7/21
はじめしゃちょー2 245万 2012/10/25
キヨ。 237万 2014/3/1

 

このような結果になりました。

それでは、個別にゲーム実況者を見ていきましょう。

ちなみに私は最近、ほとんどゲーム実況は見ないので、見たことあるのは兄者弟者だけでした。

 

HikakinGames

圧倒的なチャンネル登録者数です。

最近プレイしているゲームは、モンスト、フォートナイト、マインクラフト、青鬼オンライン、ポケモンソード・シールド、マリオメーカー2などでした。所感としては、有名どころで固めているなとの印象です。

動画の長さとしては、短いものだと14分、長いものだと1時間10分ほどありました。

 

動画を何個か見ましたが、動画を魅せる力を感じました。

編集に力を入れており、テロップだけでも十分見ることができます。

顔出ししていることもあり、自分の顔をネタに使えるというのは、非常にメリットがあるように感じました。

 

感じた魅力

  • フリが丁寧で、説明も冗長に感じるぐらい長いと思ったが、低年齢層向けにしっかり説明しているのではないかと予想
  • 編集が非常に多いので、音を聞かずにテロップでも読めるし、感情に合わせて音がついているので見ていて面白い
  • 単純な動画を毎回上げるだけではなくて、イベントをしっかり利用している
  • 冒頭でしっかりダイジェストを入れて、興味をそそる。結構な長さのダイジェスト(30秒ぐらい)で、見たい気持ちを増長させている

 

人気があるゲーム実況とはこういうものかと納得でした。

 

兄者弟者

チャンネル登録者数で2位につけている、3人組実況者(兄者、弟者、おついち(メロは除く))です。

最近のプレイ動画としては、恐怖体感呪怨、みんなで空気読み、タルコフ(EFT)、Apex Legendsなどです。

動画の長さとしては、10分から40分です。もちろん生配信は1時間を超えるものもあります。

ゲーム選択の所感ですが、売れているゲームというよりも、やりたいもの基準で選んでいるように感じます。結構マイナーなものを選んでいる時もありますがどうでしょうか。

 

テロップはかなり少なめな気がします。もちろん要所では入りますが、最小限のように感じます。

主に、弟者、兄者、おついちの3人で実況を行っていますが、キャラクターの見せ方がうまいと思います。

主に弟者が実況しているのですが、一人で実況している時に、FPSではカッコよく、ホラーでは情けなくと実況しています。複数人で実況するときは、お茶目な一面が出たりと、キャラクターが多様に感じます。複数人での掛け合いも魅力の一つですね。

解説も丁寧なので、初見の人には優しいのではないでしょうか。

 

 

感じた魅力

  • キャラクターが引き立っている
  • ゲームに応じて見せる顔を変えている
  • 複数人の兼ね合いが楽しい
  • ゲームがうまい

 

ポッキー

チャンネル登録者数3位です。

最近のゲームでは、-Raft- The First Chapter、Dead by Daylight、グランド・セフト・オート、キカイなカノジョなどが投稿してありました。他にもゲーム名がわからなかったものもありました。人気のゲームだったり、マイナーなゲームどちらもやっている印象です。

また顔出しもしており、いくつかゲーム以外の実況も出しています。

最近のゲーム実況での編集は確認できませんでした。きちんと全部見ているわけではありませんが、ここ最近のゲーム動画では特に編集してなさそうに感じました。

 

感じた魅力

  • 声が聞きやすい、声が綺麗
  • 会話のテンポが良い
  • 感想がわかりやすい

 

はじめしゃちょー2(hajime)

チャンネル登録者数4位です。

最近では、モンスターストライク、パズル&ドラゴンズ、大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL、ポケットモンスターソード・シールドなどをプレイしていました。基本的に人気ゲームが最近は多いようです。

顔出しをしており、ゲーム実況中に自分の顔を出したり、ゲーム実況以外も投稿していました。

編集はそれほど多くしていない印象でした。

 

感じた魅力

  • 楽しそうにゲームをプレイしている
  • イケメン
  • 声が良い

 

キヨ。

チャンネル登録者数5位です。

最近は、スーパーマリオメーカー、ルイージマンション3、東京2020オリンピック The Official Video Game、Friday the 13th: The Gameなどをプレイしていました。

顔出ししており、ゲーム実況以外の動画も投稿しています。ただ、自分の顔をゲーム実況に当てはめたりはしていませんでした。

編集については、している動画ではかなり編集しており、していない動画は全くしないスタイルでした。

 

感じた魅力

  • テンションが高く見てて面白い
  • イケメン

 

最後の方は、動画を見過ぎて疲れたため文章量が少なくなってしまいました。

ただ、実際に人気のゲーム実況者を見ることで、人気があるとはどういうことなのか知ることができました。

 

まとめ

どの実況者の方も、実況が丁寧に感じました。初見の人でも楽しめるように、丁寧な実況の印象でした。

また人気ゲームをしっかり抑えており、視聴者が求めている動画を提供しているように感じました。

個人的な主観ですが、若い人が楽しんで見れるようなゲームが多かったように感じます。私は29歳ですが、それよりも対象年齢は低く感じています。それに伴ってゲーム実況も若い人にわかりやすく丁寧だったと思います。

編集も、わかりやすさがアップする点では、同様の効果があると思いました。

また複数人で実況することで、各々のキャラが引き立つので、複数人で実況することはメリットしかないと思いました。

 

自分自身がこの調査結果を生かすとしたら、下記のようになるかと思います。

  • 人気のゲームが重要
  • 実況はわかりやすさ、テンポを重視する
  • 編集もわかりやすくする
  • ゲームのうまさはそれほど必要ではない

 

switchだと選ぶゲームは豊富ですが、PS4だとどのゲームを選ぶか選定が難しく感じました(PS4の方がswitchと比べコアなゲームが多く市場が狭いため)。

それも含めて、ゲーム実況を考えていきたいと思います。

 

人気ゲーム実況者を分析してみた結果
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!