説得力が劇的アップ 一生使えるプレゼン上手の資料作成入門を読んだ感想

みなさんこんばんは。

今回は説得力が劇的アップ 一生使えるプレゼン上手の資料作成入門を読んだ感想を読んだ感想です。

ブログやYoutubeでプレゼン能力を上げるために読むことにしました。

 

以下、書籍より引用した文章については下記のボックスで囲みます。

 

 

著者は?

著者は岸啓介氏です。

ソフトバンク・テクノロジー株式会社のシニアコーポレートアーティストで、社外では作家としても活動。

第3回文化庁メディア芸術祭デジタルアートノンインタラクティブ部門大賞受賞した経歴もあります。

 

印象に残った内容は?

基本的にはパワーポイントを使った資料スライドについてです。

資料の構成や図、文字など、パワーポイントの基本的な使い方を学べます。またグラフも出てくるので、エクセルでどのようなグラフを作れば良いかもわかります。

 

1スライド=1トピック

このようなことを避けるため、内容に変動がありそうな項目のスライドを作成する場合は、1スライドに入れるトピックを1個だけにしておくと追加や編集が簡単に行えます。

伝わりやすさでいうと、1スライド1トピックは相手にとって見やすいメリットがあります。

それ以外にも、著者は1スライド1トピックにすると、急な変更にも対応でき、追加・編集が容易とも言います。見やすさは当然知っていましたが、編集などの工程については考えていませんでした。営業が多い人は、その点からも1トピックで作った方が良いかもしれません。

 

感想

パワーポイントのスライド構成について学ぶことができます。

また、付随してグラフの作り方を学べるので、エクセルについても勉強できます。

 

当初は、ブログなどの表現用としてプレゼンを勉強しようとしましたが、用途が違いました。

この本はパワーポイントでプレゼンする人用の本です。

 

現状、パワーポイントを使う機会がなかったので、あまり参考になりませんでした。しかし、終始丁寧にパワーポイントでの資料の作り方が書かれています。

大学の学会で発表がある人間や、新社会人にとっては非常に参考になるのではないでしょうか。

説得力が劇的アップ 一生使えるプレゼン上手の資料作成入門
最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!