利根漁協協同組合管轄の「栗原川」「塗川」釣行記(2020年3月中旬)

みなさんこんばんは。

 

今回は利根漁協管轄の栗原川塗川に釣りに行ってきました。本当は行こうとしていた場所があったのですが、予定を変えました。

2.1mの竿が届いていたのですが出番がなかったので、今回もいつも通りのテンカラ竿を使用しました。

created by Rinker
¥19,525 (2020/04/05 08:50:33時点 楽天市場調べ-詳細)

 

栗原川、塗川釣行

栗原川

朝9時に起き、仕事後、毎週来る訪問販売的な人と雑談して、11時30分に出発し、13時30分に目的地の大立沢川に到着しました。

しかし、駐車スペースに2台の車を確認したので、釣りは諦めました。

大立沢川は、車道沿いに川がないので、先行者がいると釣りにくいとの判断です。

 

今日はこの川だけで釣る予定だったので、どうしようかと迷いましたが、南にある栗原川で釣ることにしました。

 

道がわからなかったので、カーナビで栗原川沿いに行くと、なにやらキャンプ場が。

 

キャンプ場を横目に先へ進むと、道が急に悪くなります。

途中で引き返して駐車スペースに止め、とりあえずキャンプ場のグリーンパーク吹割を調べます。

 

10分ぐらい調べて、とりあえず入場料や釣り代がかからないことを確認し、14時頃から釣りを開始します。

もし、かかるようだったらごめんなさい(入場料、釣り代金の記載はありませんでした)。

 

ちなみに、平日にもかかわらずテントが2つ張られていました。

最近キャンプは流行っていますからね。

 

川はかなりの透明度の高さでした。

 

ただ、透明度が高いので、川に魚がいないのも見えているのですが、果たしてうまく隠れているだけなのか。

 

 

釣り上がるも反応はありません。ただ、釣り人の足跡があるので、少なくとも釣り人が挑戦するだけの川のはずです。

しかも、今日はあいにくの強風です。

 

どのくらいかというと、弱まったときに毛鉤を投げても、風で川から毛鉤が飛び出るぐらいの強風でした。

伝わらないかもしれませんが、画像ぐらい川面が波立っています。

 

自分が入った場所は、堰堤がかなり多い場所でした。

こんな堰堤がいくつもあります。

 

釣り上っても相変わらず反応がないので、アンニュイな雰囲気の川をパシャリ。

全く、魚の反応がないので、集中力もなくなります。

 

今回はすごい慎重に釣り上がり、ほとんど音を立てないように意識しました。

それもあり、かなり疲れました。

 

 

釣り上がり、上流側を見ると、巨大堰堤がありました。

これは登れないなと思い、途中で切り上げることにしました。

 

予定では、夕まずめで魚の反応があるのか見たかったのですが、現在16時前で1時間も時間を潰せないなと思い、別の川に行くことにしました。

 

ということで近くの地図を見ると、去年行った塗川があるので、塗川に行くことにしました。

2時間かけた道を素早く戻ると10分で車まで戻れました。

いつもこのぐらい慎重に釣った方が良いのかなと思いました。

 

塗川

16時30分ぐらいに、塗川横の駐車スペースがある場所を確認したので車を停めます。

場所としては、花咲温泉の1.5kmほど下流でしょうか。

 

これは釣れなそうな気がビンビン・・・

 

というのも、かなり入りやすい場所なので、まあ釣れないだろうなと思いつつ、釣りを始めます。

そして、太陽も山に引っ込んでしまったのでかなり寒いです。

 

もちろん反応がありませんが、釣り上がります。

 

すると、魚の死体が。

少なくとも魚がいることは確認できたので、気合を入れて釣り上がります。

 

途中またしても、そこそこの堰堤がありました。

諦めるか悩んだんですが、せっかくだからと川横から登ります。

 

すると、あったかくなれば釣れそうな場所になりました。

 

しかし、反応はありません。

退渓点を確保してから釣り上がり、17時20分に納竿です。

 

17時40分に車に到着し、19時30分には帰宅しました。

感想

まず、大立沢川で釣る予定だったので、代案を用意してなかったのが良くなかったですね。

 

栗原川も林道側から行くとかなり上に登れるようでしたが、調べが足りず、安易に川に近い場所から行ったので、あまり釣り上がることもできませんでした(グリーンパーク吹割さんのHPを見るとヤマメが夏に釣れたと書いてありましたので、自分が入った場所も魚はいるはずです)。

 

あとは、風が強すぎると釣りになりませんね。

大立沢川だったら狭いそうなので大丈夫かと思っていたのですが、栗原川は川幅が広くかなり風の影響を受けました。

塗川でも結局風の影響を受けていたので、風が強い日は奥まった源流に行った方が良さそうですね。

 

ただ、栗原川はほとんど木が生い茂っていなかったので、久しぶりに頭上を気にせず竿を振れました。

おかけで、毛鉤のロストもなかったので、その意味では良かったかもしれません。

 

次は代案を用意して釣りに行きたいと思います。

 

今日の気付き

  • 代案を用意しておいた方が坊主の可能性が減るかも
  • 風が強い日は、釣りを止めるか場所を選ぶ必要がある

 

最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!