図解自分をアップデートする仕事のコツ大全を読んだ感想

みなさんこんばんは。

 

今回は図解自分をアップデートする仕事のコツ大全を読んだ感想です。

2019年出版

仕事を効率的に進めるヒントが欲しくて読むこととしました。

 

以下、書籍より引用した文章については下記のボックスで囲みます。

 

 

著者は?

著者は金沢悦子氏です。

株式会社はぴきゃり代表取締役、はぴきゃりアカデミー代表です。2011年、はぴきゃりアカデミー開講。「恋する仕事への4つのステップ」&「統計心理学i-color」を使ったオリジナルメソッドにより、年間300人以上の女性たちを「ココロとサイフが満たされる仕事発見」へと導いています。

 

印象に残った内容は?

仕事についての全般の方法について書かれています。

人間関係や、名刺の渡し方、机の整理など、新入社員が読むような基本的な内容も丁寧にまとめています。

 

自己肯定感を取り戻す

小さな親切で”いいことをした”という気持ちが満たされると、自己肯定感が育つ

自分に自信がないときは、人に親切をして、いいことをしたという気持ちが大事と説明しています。

これは、なるほどと思いました。自己肯定感が下がっているときは、人に親切にしたいと思いました。

 

集中は時間帯を意識

動物としての本能から脳が活発に働き、集中力が高まるのは「空腹時」。

筆者は、10時~12時、16時~18時の空腹時の集中力が高いとしています。

以前読んだDIAGO氏の自分を操る超集中力で、午前が集中力の必要な作業、午後がアウトプット、夜は軽い作業と教わりましたが、この空腹という時間帯も集中したい時間に意識してみようと思いました。

自分を操る超集中力を読んだ感想

 

感想

仕事の実務においては、新入社員が読むべき内容が多いですが、この書籍では精神的なことについても書かれています。

 

私自身フリーランスなので、企業のような働き方をしていないので直接役に立つことは多くはありませんでしたが、基本的な仕事の姿勢は勉強になりました。

特に先ほども書いた、自己肯定感の取り戻し方や、空腹時の集中力は意識して使っていきたいと思いました。

最新情報をチェックしよう!
error: Content is protected !!